俺たちは碇シンジを卒業できない

碇シンジを卒業できない全ての者たちに捧げます。

アイドル

希望は、アイドル|『世界の終わりのいずこねこ』感想

いずこねこの活動終了はアイドルとしては不幸な幕引きだったかもしれないが、結果的に多くの人の記憶に残る美しい終わりを迎えた。いずこねこは、いわばひとつの作品として完結した。いずこねこ自身と、いずこねこの活動終了の顛末を寓話化したといえる『世…

『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』感想

AKBドキュメンタリー映画4作目となる『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』を観ました。本作はこれまでの作品同様、1年間にAKBに起こった出来事からいくつかの物語を複線的に描いているのですが、前作と違うのが…

AKB48劇場公演に行ってきた チームB「パジャマドライブ」公演

2005年、AKB48がドン・キホーテ秋葉原店8階に劇場を構え、グループの活動をスタートしてから既に9年目に突入しています。その歴史の長さ、AKBグループ全体で300名以上を超えるというメンバー数、CDの売上数、集客力、その全てが示すようにAKB48グループは紛…

乃木坂46ドキュメンタリー『乃木坂の4人』──アイドルは中途半端な存在なのか?

乃木坂46『気づいたら片想い』の特典映像に収録されている「乃木坂の4人」(監督:熊坂出)。このドキュメンタリーには衝撃を受けた。オールネタバレです。内容は西野七瀬、松村沙友理、伊藤万理華、樋口日奈の4人が、『気づいたら片想い』の選抜発表を契機…

夢に向かってはばたく 2013年度さくら学院卒業生

さくら学院卒業生最後のイベント、写真集お渡し会が4月6日に行われ、このイベントをもって、本当に2013年度が終了した。卒業式についての記事 2013年度さくら学院卒業式―そして僕らはまた新年度を迎える - TIME LEAPお渡し会イベント前の記者会見の様子が動…

2013年度さくら学院卒業式—そして僕らはまた新年度を迎える

2014年3月30日、渋谷公会堂にて、2013年度・さくら学院の卒業式が開催された。外はあいにくの雨だったが、スーツを着た父兄(ファン)で会場は満員となった。年度が始まるごとに新しいスタートを切るさくら学院は、卒業式が集大成だ。「絆」をテーマに1年間…

Party Rockets 渡邉幸愛卒業ライブ

仙台のアイドルグループ・Party Rocketsのリーダーである渡邉幸愛の卒業ライブが、2013年12月15日、渋谷WWWにて開催された。Party Rocketsは「ロックなロケット」をコンセプトに、往年のハードロックを感じさせる通好みの楽曲をパワフルでキュートなパフォー…

12.8 さくら学院 デビュー3周年記念ライブ

さくら学院デビュー3周年ライブに行ってきた。私にとって記念すべき初さくら学院ライブ。デビュー3周年ということで、2010年に横浜赤レンガ倉庫で行われた初の単独ライブのセットリストが再現される構成で、さくら学院の原点を垣間見ることのできるライブと…

2013年アイドル楽曲大賞/2013年ベストアイドルソング

第2回アイドル楽曲大賞2013 昨年に引き続き今年も投票。 楽曲とそのアイドルの文脈を考慮して判断。 しかしそうは言っても結局は思い入れに負けてます。 メジャー部門 1.ASIAN STONE/Dorothy Little Happy しなやかでいて、凛とした強さ。すなわち優雅。…

10/24 ひめキュンフルーツ缶 シークレットアコースティックライブ

アルバム『情熱、エモーション。』購入の応募特典に当選した人だけが参加できるシークレットライブとして開催された、ひめキュンフルーツ缶のアコースティックライブに行ってきた。バンドのアコースティック演奏に全編生歌で披露されたそのライブは、純粋に…

乃木坂46 雑感

最近、在宅でハマっている乃木坂46の雑感。 在宅なので当然、握手会には行ったことないし、生で見たこともない。それでも魅力的だと感じるのは、各種メディアにコンテンツが数多く存在し、それを受容するだけで十分楽しいからだ。何を当たり前のことを言って…

マッドマガジンレコードのアイドルたち

各地にローカルアイドルが割拠する今、愛媛を拠点とするひめキュンフルーツ缶と、妹分であるnanoCUNE、FRUITPOCHETTEは、とりわけ異彩を放つ存在といえるだろう。彼女たちを擁する事務所にしてレコード会社のマッドマガジンレコードがその特色に寄与する部分…

10/18 タワレコ新宿15周年ライブ「15の夜。」でBABYMETALを見てきた

BABYMETALの感想。 極めて完成度の高いライブだったと思う。Overtureの”BABYMETAL DEATH”からダークでキュートな世界観に会場が一瞬にして染まる。SU-METALこと中元すず香の爆音を物ともしない透き通った歌声。MOAMETAL、YUIMETALのどこまでもイノセントな出…

ひめキュンフルーツ缶 - 情熱、エモーション。

情熱、エモーション。~REAL IDOROLL GIFT~(生産限定盤)(DVD付)アーティスト: ひめキュンフルーツ缶出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ発売日: 2013/09/25メディア: CDこの商品を含むブログ (3件) を見る ライブアイドルにおいてCDあるいは楽…